職業訓練の授業54日目~蔵書管理システムと三者面談~

f:id:nazuna_0124:20170303232129p:plain

人間には2種類いるそうな。直感派と思考派です。


皆様はどちら?わたしはガチガチの直感派です


そして自分の直感を全く信じない派です


さて、そんな自分のカンが告げています。


今の技術で作れる蔵書管理システムは絶対使わない


理由は後で考える事にして、時間もあまりないので今回は信じることにします。

(主義をあっさり曲げる派でもあります)


代わりに何を作ってたかといいますと、データベースに接続すると

テーブル一覧出して、テーブル選択すればinsert用のフォームを生成して、データがあればselectを全表示する。


ってのを1つのファイルでやってくれるとゆーやつです。


出力結果を、ファイルで別途保存すれば、あっという間にフォームの完成!


フレームワーク使ったほうが楽な気もしますが、気にしません。


少し話を戻しまして、表題の三者面談です。

三者面談といっても親じゃないです。担任講師と就職指導員の方です。

これがあるので、二日間はほぼ放置でプログラムです。


面談前に、履歴書、職務経歴書を作成して今後の方針を決めましょうというもの。


要は勉強ばっかしてないで、ちゃんと就職のために動いてねです。


この種の強制力はとても大事です。

ついグダグダ先延ばしにするわたしにはピッタリ!


文句ばっかり言いながらも、通うことにしてよかったなーと、しみじみ。


こっそり感謝しつつ、おやすみなさい!