職業訓練の授業107日目~上流工程:最終課題制作9~

f:id:nazuna_0124:20170406201732p:plain

本日は最終課題の発表会についての

概要説明がありました。


持ち時間は10分に質疑応答5分。

目的やら仕様やら動作デモやらを説明するみたいです。


わたしはいろいろ悩みましたが、作るのめんどくさいので

ツールを紹介しつつ、仕組みとシステムに昇華する説明。

それを簡単な技術で作る方法って感じで紹介メインにしようかと思います。


本来のプログラム開発の上流工程の経験という意味では

驚くほど趣旨から外れます。

でも気にしません←


概要だけでも、すごーい!の作ってる方もいいるので

発表より聞くのが楽しみですな!



さて、今日のお題は就職活動状況のお話。

結果はともかく、2ヶ月で10社以下しか応募してない人は

少なすぎる!!!というおはなし。


決まってない人だけでなく1つも内定が出ていなくて、数が足りてないなら

特にアドバイスできることはないと思います。


足りてない場合の助言としては、なぜ少なかったかの自己分析くらいですね。

理想が高すぎる、志望業種の範囲が狭い、単に動いてないあたりに

だいたい収まるとは思いますが。


それと応募者数の目標値を訓練校側で掲げてくれないのは

個人的にはちょっといや。人によっては甘えとゆーでしょうけど。


どーゆうわけか、たった一言でいい重要な目標値を伝えそこなうのを

周りでよくみます。たまたまなのか、私が気になるだけかのか。。。


このへんはまた別に深掘りしてみるとたのしーかもしれませぬ。