ExcelのマクロとVBAとマクロVBAという言葉

f:id:nazuna_0124:20170303054656p:plain

ExcelVBAだけじゃ、いつか仕事なくなるからって

職業訓練通ったけれど、職場の主力兵器はExcelVBAだったというオチ。


えぇ。。。わかってはいましたとも。

ただ、、、ここまでとは思ってませんでした。


こんなに使ってるならもっとわたしのこと評価してもよかったと思います。


まー 控えめに言ってVBA大好きですし

お腹くくってやってみようと思います。

ブログも心置きなくVBAの内容で更新できますしね!


そんなわけで、最初に言葉の定義てきなところです。

VBAの使ってる範囲のレベルの違いともいえます。



マクロとは

Excelの機能の一つ。手作業の記憶、再現機能のことです。

全く同じ作業なら、ボタン一つで出来るようになるのが利点。


最大のネックは条件で処理の分岐ができないことです。


VBAとは

Excelへの命令書が作成できるプログラム言語のこと。

VBからの派生(?)でOS周りへの操作も実はできたりします。


マクロ登録されると実態はVBAで記述がされてます。


Office製品にはそれぞれ使用できます。

基本的な書き方はおんなじ。でもちょっとだけ違う。


マクロVBA

私の勝手な名付け

マクロ登録で作成されたモジュールを、ちょっとだけ変更して

コピペされたモジュールのこと。


まだプログラムを覚えたとは言わないレベルに留まっているもののこと。

Range(“a1”).select なんてselectが付いてるのはだいたいこれ。


VBAに慣れた人もここから始まった人も多い。


何がいいたかったかというと、マクロVBAで業務やってるところは

かなり多いというおはなし。


そこからちょこっと覚えるだけで、一気に楽になるのに!


ここから先はなんと呼ぼう。アドオン?自作してるような人は知らない。


適当イメージだけ書いておきまっす。

  • ExcelVBAer

プログラムの基本3制御とかモジュール化とか知ってる人なかんじ。


  • データベースVBAer

Access使いともいうかも。データ構造とか意識してる人なかんじ。

この列がなにげにユニークじゃない!って頭抱えた経験があるとか。


  • VB6VBAer

WindowsAPI 使い出したらこんなかんじ。


  • VbsVBAer

だいたいおんなじだから書けるじゃん!ってなって

VBS書くのにVBA使ってたりする人。



もうちょっとあるけど、とりあえずで!