元職業訓練生のおしごと記録:その9~ExcelからAccessにするメリット~

f:id:nazuna_0124:20170309204724p:plain

わたしは本当に転職したんでしょうか?←


仕事してるとやることが人生2周目過ぎてだんだん不安になります。

そういうときは社員証と名刺をながめて一安心。



というわけで、Accessのおはなし。

Officeが入ってて、Excelが大量に使われてるのに

Accessは1個も使われていないという環境。


Accessにするメリットについてになります。

shokuren.hateblo.jp


この記事と被りますが気にしません。

なおデメリットは学習コストです。



ブックで結合されない

Excel2010以前のときの問題ですね。同じブック内に開かれてしまうというもの。

(当たり前ですが)完全に別枠として開かれるので、

非常に快適に操作できるようになります。


このくらいなら、そんなに時間もかかりません。

テキストをつなげるだけ、とか、リンク集を使ってるとかです。


管理台帳のように開きながら他のアプリもみたいようなのには

かなり適してますが、システムになるので作るのは結構大変です。



データ化できる

ここで言うデータ化とは

データベースのフィールドに格納できる情報になる

ということです。(なるというか、しないと保存できない)


入力するデータの強制Accessの方が得意です。


複数で使いやすい

共有機能を使ってる場合です。問題点は2つ。

  • 更新するには保存するしかなく動作が重い

  • データの追加がしにくい


Accessで割りと解決します。

しかし、追加に関しては得意ですが、同時更新に関しては

苦手です。



重くなったときの最適化

Excelはブックをコピペし直さないと変な重さが治らないことが

多いです。


Accessも使ってると重くなる(サイズ的にも増える)のは変わりませんが、

最適化ボタン1個で済みますし、自動化もできます。



以上!

暇な時間に作って、みんなに紹介してみようとおもいます!