元職業訓練生のおしごと記録:その12~先任者が与えられる報酬~

f:id:nazuna_0124:20170510210426p:plain

お仕事で周りのモチベーションを上げたい時に使うもの。

「周り」については、部下が多いとは思います。

それ以外にありえるのが、後輩やOJTに受ける側です。



何が言いたいかというと、部下ってほど明確に下ではないけど

業務スキル的には明確な下の相手についてです。



このとき上位者側を先任者と呼ぶことにします。

(下位者側は後任者)


平たく言えば「先輩」ですが、こっちは年齢が上も

入ってしまうと感じるので回避。



報酬を上手く使って楽に仕事しようねというのが

主題です。


言うまでもなく先任者よりも権限の強い上司であれば

同じものが使えます。



  • 報酬1 仕事


仕事の報酬は仕事です(断言)

先任者の役割として、自分の仕事のなかから

後任者に振る仕事を選択する権利があります。


基本は出来る仕事を振るのですが、

下位者が喜ぶ仕事を選択することができるので

報酬として機能します。


  • 報酬2 教育


これは幅広いのですが、今回は突き詰めません。

先任者と同じ苦労をしないための情報とでもしておきます。


  • 報酬3 時間


通常より時間をかけて業務を遂行してよいということです。



  • 報酬4 認める


今回は「成長」を認めるになります。

褒めなくてもいいです。事実として指摘すれば十分。



さて、ここまでが普通の人、出来ない人向けの概要です。

出来る人だと判断した場合は以下になります。


  • 報酬1 仕事

本人に聞いたほうが早いです。


  • 報酬2 時間

できる人なら、通常より早く終わります。

空いた時間にどうでもいい仕事を振らずに

好きに使って良い時間を割り当てます


  • 報酬3 認める

成果や考え方を認めます。

褒めなくてよいのは変わらず。


認識する部分が違うというとこですね。

  • 報酬4 役割

権限や金銭的な報酬が伴わない役割です。

専門といってしまってもいいのかも。


当然本人の希望次第です。



教育がなく役割が報酬になってます。

要するに、できる子は放し飼いがお互いの為とゆーこと。