もし、木を切るのに8時間与えられて、6時間斧を研いでる人がいたらマゾだと思ってる

f:id:nazuna_0124:20170406201732p:plain

なんとなくネットで初めて見かけた記事的な。

さっぱりしりませんでしたが、割りと有名な名言らしーです。



www.a-inquiry.com


元々言いたいことが違うというのは承知してますということで。



現実に仕事で書いた文字通りの人が存在して困る、

今の仕事のやり方には徹底的に向かないよねというお話。


8時間って就業時間1日だから、本当に準備に6時間費やして

2時間で終わらなくて

明日の朝までは当日=8時間だから


勝手にがんばって残業して終わらせる人にしか見えませぬ。



わたしの仕事の内訳は以下なかんじ。


本当の目的を確認する。

ただ木が邪魔で切りたいのか、木材が欲しいのか、木にいる虫が邪魔だからとか。

そもそも木を切る必要あるの?って確認するのは超重要です。


・斧を研ぐ必要があるのかを確認する

常に自分の状況を把握できてるのが一番ですが、

出来てないなら確認が最優先です。


そして確認しながら、斧以外の方法はないのか

このままの切れ味、予想できる最高の切れ味で切った場合の

見積もり時間を概算します。


だいたいここまでで最大で30分以内。


・6時間以内に80%の進捗達成を目指して作業開始

さっさと仕事をはじめます。


・(進捗達成できなかった場合)応援要請、納期延長の交渉

早めにアラートを出します。



こんなかんじで基本残業しません

そもそも7時間以内に終わるのが大半。


準備に8割近く費やして残業する人は

ただのマゾだと思ってます。